足にむくみや肌荒れが目立ち実年齢より、歳を取っている様に見える人は血管年齢も歳がいき、逆に容姿も若々しく、イキイキしている人は、実年齢より血管年齢が若いといわれます。

血管年齢とは、一般に加齢により血管のしなやかさが失われ、血管壁が厚く、狭くなったいく状態といわれます。

血管の若さはライフスタイルで決まる

「血管年齢」を左右する要因として知られるのは、食生活、運動、睡眠など、生活習慣病でしょう。

また、精神的な要因としては、性格が几帳面で責任感が強い人は、思い通りにならないことがあるとイライラし、大きなストレスを抱えがちです。

ストレスは心臓の動きを早く、強くするとともに血管を収縮させ血圧の上昇を招きます。

これは、流れの悪いホースに無理やり圧力をかけ、水を流すようなも
ので、血管に大きな負担がかかり、血管年齢の老化を早めてしまいます。

反対に、「何ごともほどほどで十分」というおおらかな性格の人は、血圧も安定し、血管に負担がかかることが少なく、若いままの血管を保つことができるものです。

実年齢より血管年齢が若い人は、肌がつやつやでハリがあり、髪の毛もつややかで、体に不調がない事から明るく元気で、笑顔が多いので実年齢より若く見えるといわれます。

反面、実年齢より血管年齢が老化している人は、疲れた感じで、肌にハリかなく、髪の毛につやがない等、実年齢より老けて見えるものです。


T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://goods.spzgh.org/tb.cgi/1

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー